アジアンデリヘルで明るく元気なかわいいフィリピーナといちゃラブ


外国人デリヘルというと、韓国デリヘルや欧米人中心の金髪デリヘルを連想する人が多いと思います。

ですが、最近都内や関西などの大都市圏内では、韓国以外のアジアンデリヘルが結構増えてきています

自慢するような話ではありませんが、バブルがはじけた直後の90年代中頃から90年代後半にかけて、東南アジア諸国を訪れては、現地の風俗で遊びまくっていた時期がありました。

現在では各国で法律が厳しくなり、また日本との経済格差も縮まったこと、さらに私自身がおっさんになったこともあって、それらの国へ趣くことはほとんどありません。

ですが、日本国内で東南アジアの女の子と遊ぶのは今でも大好きです。先日もアジアンデリヘルを利用してきました。

デリヘル店のHPには出身国の記載がありませんが、修正・加工されている画像越しでも、ちゃんと見れば何となく東アジア出身なのか東南アジア出身なのかは判別できます。

さらに日本人風の源氏名が並ぶなか、1人だけ横文字の源氏名の子がいました。正確な名前は伏せますが、「ゆり」「りお」といった名前の中に「マリア」が混ざっていたという感じです。

英語が共通語の1つとなっているフィリピン出身の子だろうと、ピンときました。

フィリピンも当時はよく訪れた国です、何だかうれしくなって彼女を指名し、ホテルへ移動しました。

10分ほど指定時刻より遅れて、女の子がやってきました!これが予想以上に元気なんですよ。「パパー!今日はよろしくね!」と入ってくるなり挨拶&がっちりとハグ

日本語も達者ですし、年齢はちょっとサバを読んでいましたが、ほぼ写真どおりのルックスで、かわいらしい子でした。

かろうじて覚えていたタガログ語で「マガンダン アラウ(こんにちは)」と返すと、「なんで、しゃべれるのー!?」とうれしそうに驚いてくれます。性格がいい子で、ホッとしました。

かわいいフィリンピン人のパイパンを味わい尽くす!


別々にシャワーを浴びて、プレイ開始。外国人デリヘルだとDKを嫌がる女の子もいますし、そもそも禁止事項としているお店もありますが、このアジアンデリヘルではOK。

ねっとりとキスを交わし、女の子主導でリッププレイへ。フィリピンの風俗店では、プレイは男性主導だったことが多かったので、何だか新鮮です(笑)。

受身でばかりいるのもつまらないので、乳首舐め&手コキをしてもらいながら、私も手を伸ばし、股間をサワサワと撫で、ゆっくりとクリを刺激します。

「もう、私が頑張っているのに…」と、息を弾ませながら反応してくれるのが楽しく、さらに刺激を続けながら69へ。パイパンでした

フィリピンはアメリカの影響を強く受けている国です。欧米の人は男女とも下の毛を処理する人が多いですから、そのせいかもしれませんね。

ともあれ、とても舐めやすいのでベロベロと舐め回し、味わい尽くしました。若い女の子が、自分の上でビクビクと身体を震わせる様子を見るのは、とても楽しく興奮します。

体勢を入れ替え、ラストは正常位素股へ。息を弾ませながらDKをしつこく交わし、フィニッシュ。

常時テンションが高く、受け答えもオーバーアクション気味でしたが、プレイの終盤では本気で感じてくれていたようで、とても燃えました(笑)。

細かい気配りみたいなものは、日本人女性と比べると少し足りないかもしれませんが、明るくて元気でかわいくて、何よりフィリピンで遊んでいた若い頃を思い出して、楽しいひと時でした

皆さんも機会があれば、ぜひアジアンデリヘルをお試しください。プレイ料金も比較的リーズナブルですし、相性があえばすっごく盛り上がりますよ

モコムのイメージ画像 BETTYのイメージ画像

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする