高級ソープとソープの違いまとめ~何がどこまで違うのか~

風俗好き男子の憧れ、高級ソープ

ただ、高級ソープと聞くと「すごい美人がいて、とてつもなくエロいサービスをしてくれるけど、めっちゃ高い」というイメージがあるぐらいで、実態をよく知らないという方も多いのではないでしょうか。

かくいう僕自身もそうでした。ですが、先日夏のボーナスをはたいて、都内の某高級ソープへ行ってきました。

出迎えの車がベンツだったり、店に入る前から高級店の高級店たる理由を味わえました

そこで今回は、実際に高級ソープへ行って感じた印象も含めて(1回だけですが)、高級ソープとそれ以外のソープとの違いをまとめてみたいと思います。

価格

高級ソープとそれ以外のソープとで、最もわかりやすい違いといえば、やっぱりプレイ料金

地域や風俗検索サイト、風俗専門誌によって多少の違いはありますが、各店舗の基本的なプレイ時間の総額料金が3万円以内だと格安店、3~5万円以内だと大衆店、5万円以上だと高級店といった区分が一般的のようです。

プレイ時間にも違いがあり、格安店だと40~60分というショートコース、高級ソープでは90~120分以上のロングコースが主流です。

有名ソープ街には10万円前後のプレイ料金を求めるお店が結構ありますし、お店によってはさらに高額なプレイ料金が発生することもあります。

一方で、総額料金が1万円前後という超激安ソープもあるわけですから、その違いは歴然としています。

女の子のホスピタリティ

高級ソープに在籍する女の子たちは、やはりルックスがいいです。

僕が直接出会ったのは1人だけですが、高級ソープだとお店のサイトなどでも顔出しをしている方が多いですから、皆さんも同意してくれることだと思います。

ただ、格安店や大衆店、もっといえば手ごろなプレイ料金のデリヘルなどでも、驚くぐらいきれいでかわいい子と出会えることはありますよね。

そもそも、きれい・かわいいは個人によって好みの差があります。ルックスの良し悪しは決定的な差ではないと思います。

では高級ソープの女の子と、それ以外のソープの女の子とで何が違うのか。個人的にはプレイにおけるテクとホスピタリティではないかと思います。

三つ指突いての挨拶から始まって、超丁寧な接客、エロ本やAVでしか見たことがないようなソープならではのプレイの数々……。

高額なプレイ料金を払ったとはいえ、こんなにきれいな女性にここまで尽くしてもらっていいものだろうか、と戸惑うほど濃厚なプレイを体験できました。

テクニックやホスピタリティを求められるためか、高級ソープ店の女の子は、やや年齢層が高い傾向にあるのも、違いといえば違いかもしれません。

内装やボーイも高クオリティー

在籍する女の子よりも店舗内装の豪華さ、ボーイさん(お店の男性スタッフ)の手厚いサービスこそが、高級ソープとそれ以外のソープとで、差が如実に出ているポイントかもしれません。

送迎車がベンツなどの高級車であったり、待合室やプレイ部屋が高級ホテルのラウンジのように豪華だったり。

さらにはサービスの飲み物として、シャンパンが用意されていたり、プレイ前後に軽食を用意してくれたりする高級ソープもあるのだとか。

ボーイさんたちの言葉使いや態度も、まるで一流ホテルマンのように丁寧でテキパキしているのも、高級ソープの大きな特徴だと思います。

客に求めるレベルもそれなりに高い

最後に触れたいのがこちら。

予約電話の段階で、「サンダル、ジャージ禁止」「襟付きのシャツ(できればスーツ、ネクタイはなしでOK)」といった注意事項について念押しされました。

さらに高級ソープの中には「会員限定」「一見お断り」「会員の紹介状が必要」といったお店もあるそうです。

客という立場であっても、高額な料金に加えてドレスコード、さらに紳士的な振る舞いが高級ソープでは求められるのです。

いわれてみれば、せっかく高額な料金を支払うというのに、豪華な待合室でジャージ姿の若者などと出くわしてしまったら、雰囲気がぶち壊しですよね。

選び抜かれた美女による、一流のサービスを受ける非日常な空間。

こういった雰囲気を楽しめる、お店側も客もそういった雰囲気を保とうとしている点が、高級ソープとソープとの一番の違いなのかもしれません。

モコムのイメージ画像 BETTYのイメージ画像

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする