高級デリヘルの在り方

高級デリヘルは普通のデリバリーヘルスに比べると特殊です。

その理由は、極端に料金が高いことが理由になるでしょう。

まず、「激安 デリヘル」の様な店舗ジャンルの場合、
利用者からすると安いにこしたことはないため、損をすることはないです。

ですので、あえて激安店を選ぶという選択肢もアリですので、
激安店からすると、ウェブで激安という絞り込み検索をされても利点しかないのです。

しかし、高級デリヘルの場合は違います。
高級で絞り込み検索をされると、ガクっとユーザーアクセスは減ります。

普通に考えると、2回遊ぶところを我慢して1回にして費用を浮かして、
よりキレイな女性に最高のサービスを受ければ良いのではないかと考えるでしょう。

現実的には消費者心理的な部分をハッとさせるような大きな金額が必要となるので、
月収の何割かがかかるような高額な出費をすることに前向きにはならないのです。

つまり、ウェブ検索からの利用者の獲得に関しては、
一般店の感覚よりも非常に選択されにくく、有名大手店舗であろうと、
月間ユーザーアクセス数は1000にも満たないのです。

このアクセス数がどれだけ平凡以下であるか理解できるでしょうか?
一般にウェブサイトを所有するウェブ方面主体の企業であれば、
どんなに普通の会社でも1000アクセス以上は獲得が出来るものです。

そもそも、どれだけ利用者幅が限定されてしまう業界なのかが理解できるはずです。

しかし、高級店は一回の利用客から得られる利益が膨大です。
そこを加味すると、数百アクセスでもあれば十分に経営が成り立つとも言えますが、
絶対数の少ない利用者数の中から新規客を獲得することに関しては、期待はあまりできないでしょう。

人口の多いスポーツが発展しやすいことはイメージが容易なことと同じように、、
逆に、高級デリヘルでは大きな動きを得ること自体が期待は少ないと考えられるでしょう。

そうなると、正直なところウェブサイトを構えたとしても、
ウェブ検索からのユーザー獲得をするほどの価値や労力については疑問符がつくでしょう。

それなりにポータルサイトに掲載をされ、そこそこ目立っていればお客さんは来ます。
あえて追加で多額の金額をかけて集客をしても、割に合わないと考えられるかもしれません。

利用をしたい人は自然とりようしますし、そもそも裕福な環境で生活をしているでしょう。

高級デリヘルに限っては、お客さんいなくならなければ放おっておいても成立するのではないでしょうか。