店舗のプライド

高級デリヘルは狭い世界です。

通常のデリバリーヘルス店と違い、多くのエリアに存在している訳ではありません。

すると、大衆店とは違い、何千とあるライバル店が100店舗程度に限られてきます。

そうなると、ウェブ検索で「高級デリヘル」と調べた時の結果を非常に重要視するでしょう。

このため、プライドと威信をかけて店舗を目立たせようとする動きが顕著です。

大衆店から高級店にジャンルが絞られてくる分、一番目立つことで日本一有名になることもハードルは低くなるでしょう。

ただでさえ利用者が少ない業界ジャンルの中で、一番を取らなければそもそもお店が成り立たなくなるという考えもあることでしょう。

確かに、大衆店であれば日本で一番目立ったとしてもその利用者を受け切るだけのキャパは発生せず、

ある程度のエリアに特化した結果さえあれば、十分に満足のいく結果でしょう。

しかし、高級デリヘルの業界ジャンルについては、「◯◯ 高級デリヘル」という検索概念がありません。

そこは利用者も選ぶほど選択肢が無いということを事前に理解していての動きなのでしょう。

すると、「高級デリヘル」の単ワードでの順位を上げざるを得ないのです。

ウェブ検索の世界は案外単純であり、一般大衆店が少しでもサイト内に「高級」と含ませてしまえば、ライバルとなることも可能なのです。

ですから「新宿 高級デリヘル」や「渋谷 高級デリヘル」という調べ方自体が需要がないのです。

また、駅等の明確なエリアに店舗が存在していると言うものではなく、以下に質の良い店舗が広い範囲までサービスを展開しているかが十余なのです。

単価が高い分、利用者の要求を店舗側が断らないという逆セオリーがそこにはありそうです。

ですので、一回のビジネスが大きい分、エリアサービス規模は大きくなり、東京都などの全エリアをサービス範囲に入れての営業になります。

だからこそ「高級デリヘル」での順位を取ることが重要なのです。