記念すべき最初の高級デリヘルブログ投稿

本日から高級デリヘルについてブログを書いていきますが、高級デリヘルは普通のデリヘル店よりも少ないのが現状です。

高級デリヘルは主に都心や主要都市に多く、敷居の高いエリアで運営されている事が多いです。
地方エリアや田舎で高級店を開いたとしても場違いな感じがしますよね。
場所に合った形で運営されているので地方にいる方は是非、都市にきて頂いて利用してみてはいかがでしょうか。

ですがそう簡単に高級デリヘルって利用できないですよね。
なんせ「高級」って付くくらいですから、一般的なデリヘル店の倍額は覚悟していかないと利用できない事なんかザラですからね。
中には高級店の中でも金額が高いお店まであるので利用前に金額の確認だけは絶対にしましょう!

僕もそんな頻繁に利用できないので、ブログの更新もおろそかになるかもですが…w
利用できていない時期は、高級デリヘルについて様々な事を僕の独断と偏見と主観で語っていく事にします。
そう、自己満足なので読んで下さっている方に不快な思いや嘲笑されてしまう方もいるかと思いますが…頑張って書きます。

優しい心で、眼差しで見て下されば幸いです。
そして、今後僕が高級デリヘルを利用していくにあたって新たな境地が見えてくるかも、見えてこないかも、そもそも見てないかもしれませんが気長に利用していこうと思います。

これから頑張っていくぞ、て事で。

高級店とはどういうものなのか?

数あるデリヘル店の中でも『高級』を謳う店舗があります。

これらは、風俗店の中でもジャンルにとらわれず、価格帯を高めに設定している店舗になります。

本来は風俗店というカテゴリーの中での、グレードによってサービスの内容で差別化が行われていると考えてしまうでしょう。

「ピンサロ」「メンズエステ」「デリヘル」「ホテヘル」「イメクラ」「ソープランド」様々な店舗形態がありますが、

より本番に近い行為を求めれば求めるほど、本来はソープランドのような、そもそも高級的な形態のお店に行けば良いのです。

では、何故『高級』というアピールの方法が使われているのでしょうか。

まず、それぞれの店舗形態では、基本的に許された範囲内での性的サービスしか行われません。

サービス内容もプランや価格によっても変わってくるでしょう。

その流れで、自社の商品やサービスの価格として、より質の高い美人の女性キャストを在籍している店舗が多いです。

単純にサービス内で行われる行為自体はテクニック的な部分から来る満足感などの付加価値以外では、価格を左右する内容はありません。

「フェラ」をしても「素股」をしてもそれは、どの店舗でもプラン内にあれば大差はないのです。

金額に大差がなければ当然のように利用者は価格の安い店舗を選ぶことになるでしょう。

そこの消費者心理の落とし穴も存在しています。

例えば「ソース」を買いたいとします。

100円ショップで買う「ソース」もスーパーで買う「ソース」も、商品ブランドが違えどソースには変わりありません。

もちろん、使うにあたって味や商品全体の質(丈夫さや日持ち)は大きく変わるでしょう。

ですが、風俗サービスもそれと変わりません。

「女性の質」「テクニック」「満足度」これらを値段で買うというようなイメージは変わらないのです。

すると、より利用者は満足の行くサービスや商品を求める事になります。

それらが色濃く出る部分1つが『女性キャストの質』でしょう。

つまり、美人の女性が相手であることでより価格が高くなります。これらは高級デリヘルで分かりやすく見て取れるでしょう。

プレイをする相手の容姿にこだわらない利用者はいないでしょうし、当然ここには一定の需要が存在するのです。

ここまでは、誰もが納得してしまう理由でしかありませんが、実際には高級に付随する側面があると考えられます。

高級デリヘル店の料金設定は通常のデリバリーヘルス店の3~4倍程度の料金がかかる店舗が殆どです。

その理由が「女性の質が高いから」という理由だけで、同じサービスが4倍もの価格になることに疑問を感じないだろうか?

実際には、料金が跳ね上がる分、ソープランドと同様のサービスを裏で提供している状況があると考えられます。

つまり、表向きは「美人の女性が居ることで価格も上がってしまう」とアピールしているだけであって、

中身は「本番もありの価格設定になっています」というような状態であると考えられる。

これはお店側にも働く女性キャストの両面にもメリットが考えられるからだろう。

お店側は「なんでもやって売り上げをさらに上げたい」と考え、女性は「ソープで働くことは嫌だけど、高級店で顔を出さずに高いお給料を払えるならなんでも良い」と目的が合致しているのでしょう。

こうして、高級デリヘルという業界が成り立っていると考えられます。

それなりに品質の高いだけのものを買うだけでは、誰もが不満を抱いてしまいがちですが、

実際には裏側で様々な業界事情や行為が行われているからこそ。『高級デリヘル』のジャンルが成立しているものと考えてしまって良いでしょう。

※当記事の内容に関しては、著者の主観での感想を述べているに過ぎず、時日と異なる妄想が含まれている場合がございます。ご了承ください。

東京都の高級デリヘルが多い主要エリアとは?

高級デリヘル店は、全国どこにでも点在しているというものではありません。

東京都内で見てみると、山手線沿線に多く点在しています。

各所の街によっても特色があるように、高級デリヘル店もどこの街でも点在しているわけではないのです。

まず、山手線で考えていくと、4つのエリアに分類することが出来ます。

1:人妻系エリア
2:ピンサロ・エステエリア
3:高級エリア
4:その他・通常エリア

上記のようにエリアが別れるでしょう。

それぞれのエリアにどのような地域や駅近辺の街が該当するのかを考えてみましょう。

1:人妻系エリア
主に山手線の大塚~上野が該当します。
都心よりも東京の下町や埼玉方面の色が強く生活感があります。
ですので、必然的に在籍女性が若者ではなく人妻や熟女系となっています。

2:ピンサロ・エステ
五反田・品川地域が該当します。
場合によっては、人妻エリアと被る要素が多いです。
出張客やサラリーマンが多いので、高額なサービスとなる風俗はあまり多くない印象です。
総合的な風俗エリアと言えるでしょうが、特価したジャンルとしては、ピンサロ・エステ系が多いでしょう。

3:高級エリア
高級デリヘルと謳う為には、在籍女性は20代前半の若い女性でなくてはならないでしょう。
渋谷・恵比寿・六本木・銀座を中心とした地域になりますが、高所得の利用者をターゲットとしています。
実際に該当エリアに居住している女性は多くはないと考えられ、利用者に合わせて店舗を構えている傾向が強いです。
しかし、渋谷などでは若い女性は多く生活の利便性が高い為、スカウトをしたり就労場所としての人気は魅力でしょう。

4:その他・通常エリア
新宿・池袋・秋葉原・東京といった地域が該当します。
高級デリヘルを展開できるほどの、高所得利用者よりも一般大衆層が多いでしょう。
東京都心への入り口エリアとなるため、様々な価格帯の店舗が乱立しており、
高級デリヘルは成立しない傾向があります。
より風俗色の強いイメクラやキャバクラなどの夜のお店が人気である傾向が強いでしょう。
交通の便などを考えると便利ですが、あくまでも通過駅として発展している街である点と、、
目的地への出発駅でもあるため、
とりあえず新宿・池袋・秋葉原・東京に来るだけのメリットはなく宿泊する場所も少ないです。
周辺地域は居住地の少ないためデリバリーヘルス店としては、不利な場所であることは言うまでもないでしょう。

以上のような理由から、高級デリヘル店が軒を連ねるエリアは限定されています。

値段だけが高ければ良いということでもなく、地域の特色を選ぶことで業界ジャンルが成り立っているようです。

高級デリヘルの経営は成り立つのか?

高級デリヘル店のウェブ検索結果からの流入は多くはありません。

通常の風俗店・デリヘル店を100とすると、
高級デリヘル店へのアクセス流入は、1/3~1/4程度と考えられます。

当然、様々なポータルサイトへの広告掲載なども同様にアクセス流入は少ないものと考えられます。

また、特徴的な部分として検索時に地域ワードを絡めた調べ方は概ね成立しません。

『新宿 高級デリヘル』、『六本木 高級デリヘル』、『渋谷 高級デリヘル』
これらの検索ワードで1位を取ったとしても、月間で50アクセスも無いのです。

しかし、マーケティング上では他の一般価格の大衆店との違いもあります。

一般大衆店のサイトを閲覧する利用者と高級デリヘル店を閲覧する利用者では、目的とスタンスが違います。

まず、「ただ閲覧するだけ」「値段を見て選ぶ」というフローが極端にありません。

高級デリヘル店の利用者がサイトを見いる場合は、

1:一般大衆向けのデリバリーヘルスは眼中にない。

2:値段はさほど気にしていない。

3:より良い女性を探している。

上記のような考えをもっている場合が多いため、商品サービスとしての女性が重要であると考えられます。

また、実際に利用者は店舗ジャンルを理解して検索し調べて居るため、

一般的なアクセス流入に比べて数こそ減少してしまうもの、実客性は非常に高いと考えられます。

しかし、1/3~1/4程度のアクセス数とのバランスを取るかのように、利用料金は反比例するため、

数ではなく質という意味で経営が成り立つものと考えられます。

ですが、利用者数のブレが大きくないものの1人の利用者を獲得するチャンスの有無は非常に大きな反動があると言えるでしょう。

売り上げが大きく伸びる月もあれば減る月もあると思われるので、売り上げ幅のブレは大きそうです。

高級デリヘルで働く女性はどんな人だろうか?

世の男性は皆、可愛い女の子とエッチやセックスをしたいと思っている事でしょう。
しかしそれは一般的ではなく、誰もが羨むような女性とそんなことが出来るのは男性はそう多くは無いかと思います。

悪い言い方するとある程度満足する女の子で妥協している…、そんな感じなのではないでしょうか。

高級デリヘルと聞いてまず最初にイメージできるのは料金が大衆店と比較すると高い等だと思います。
料金が高い、という事は大衆店とは違うものがあるということです。

一般的に考えると「料金が高い=サービスが良い」とか「高級なものを扱っている」「敷居が高い」等だと思います。

風俗関係に限らず、飲食店だったり、アミューズメント店だったり、衣類店だったり全てのお店に対してこう思います。

さて、風俗店ではどうでしょう。
「サービスが良い」という点では共通していますが、風俗店は女性が商品です。
その「商品」の質が良いから料金が高い、こう繋がるはずです。

では、女性が商品で質が高いとなると果たして何が良くて質が高いのか。

それは簡単な事です。
女性が商品であればまずはルックスが良い事、スタイルが良い事、女性特有の雰囲気やたたずまいが良い事。
また料金が高いという事は希少価値があるという事なので、一般的な女性と比べると間違いなく可愛い、または美人であること。
失礼な言い方ですが、この世の中で美人や可愛い人って多いとは思いますが更に可愛い、綺麗な方ってそうそう居ないじゃないですか。

そういう方たちが選ばれて高級店、高級ソープだったり、高級デリヘル店というのが存在するのです。

例えばルックスもスタイルも正直パッとしない方が高級店で勤務していたとして、
フリーで呼んだとしてその方が来たらどう思いますか?間違いなく「これは違う」と思う事でしょう。
寧ろ、この女性でこの金額かよ!って反感したくなるかもしれません。

美人で綺麗な方が来た場合だと、「この金額だから当然でしょ」って思うはずです。
正直言うと、ほんの一握りの方しか高級店は務まらないんです。
風俗店の様に身体を売る商売ですので、自分のポテンシャルで料金が変わると言っても過言ではありません。

デブで身体がだらしない女性が来たらがっかりしますよね。
そんなことが無い、そんな方は働けないのが高級デリヘルだとなんです。

言い方を変えれば可愛い方や美人な方しかいないので、そうそうハズレはないという事です。

消費者からするそういった女性が大前提で利用しているのでしょうが、
求められる基準が間違いなく高いので、こういったお店で働ける女性はある意味特別で希少なのだと感じます。

だから料金が高い、高級と呼ばれる所以があるのではないでしょうか。

噂では芸能人、グラビア女優、モデルの卵が勤務しているところもあるようで敷居の高さが伺えます。

利用する方もそれなりに地位がある方なので、
激安店のように民度の低い方ではないと思いますので働く女性にしたら安心して身体を売れるんじゃないですかね。

ポータルサイトの見極め

高級デリヘル系サイトを掲載するポータルサイトの場合、サイトの作りが非常に重要になります。

まず、ポータルサイトの場合はエリアページが必ず設けられますが、ここに落とし穴があります。

高級デリヘル店舗は日本でも数百程度の数しか実在していません。

ですので、最も活気のある東京都のエリアであったとしても、現存している店舗数は良くても150店舗でしょう。

全国では多くても400店舗程度しかないと考えてしまって間違いではありません。

するとサイト運営上で不具合が派生するでしょう。

東京都を除く250店舗を46都道府県で割ると、1つの都道府県あたり5.5店舗分しか情報が載せられないことになります。

1つのエリアページで5.5店舗分の掲載内容は、ウェブサイトを構成する上で最低限の情報量と言えるでしょう。

更に、掲載内容はユニークな情報を載せられるとも限りませんので、オリジナル文章の用意も必要になります。

こうなると、大都市部以外のエリアを細かく別けるほど、低品質なページが出来上がってしまう可能性が高いのです。

通常の風俗・デリヘルサイトとは店舗絶対数に限りがでてしまうことが直接の原因でしょう。

これらを回避するためには、大都市部エリアを元に大雑把なエリア別けでの対応がベストでしょう。

・首都圏(東京都)
・関東(東京都以外)
・北海道&東北
・北陸&近畿
・関西&中国&四国
・九州&沖縄

上記のような6エリアでのページ別けをするべきでしょう。

もちろん、その後の細かなエリア等でのサイト内での絞り込みについては、

サイト内での検索機能などを利用しての、情報の絞り込みで何とでもなりそうです。

しかし、間違っても独立したURLでの詳細エリアページを生成しては行けないでしょう。

より1つのページ毎に充実した情報掲載からはかけ離れてしまうことが理由になります。

後は、以下に検索において目立つ事ができるかということになりますが、

しっかりとサイトが構成されていれば何の心配もないはずです。

これらのサイトの技術方面の話は、今後の掲載検討をしているサイトに対して有効です。

いくら見栄えの素敵なサイトであっても検索の順位が悪ければ将来の展望はありません。

サイトの作りをみてサイトの強さを判断してみることが良いでしょう。

また、既存のサイトについてもこれらの情報を元に、これから安定しするサイトの判断がつくのではないでしょうか。

高級デリヘルは都内だけなのか?

前から危惧されている事と思いますが、若者の性への関心が薄れてきているんです。
最近では草食系男子とか言われ、男性が女性への興味関心が無くなってきていると言われているんです。
なにが草食系男子だ!って思われる方は多いかと思います、特に30代40代の方にはそう思ってる方は多いんじゃないでしょうか。
現代の日本は性への関心が薄れていると冒頭でお話ししましたが、そうなんです…。
風俗離れも深刻な問題になっているのです。

昔は売り上げは良かった…、若い男性客が多かった等々ありましたが今はどうでしょうか。
昔盛んだった方が今でも利用している方ががほとんどではないでしょうか。

人間の性生活なんて若いうちだけで年齢とともに衰退していきます。

ということは現在利用して頂いている男性客は、
ほとんどご年配の方やあと少しで現役を引退する方が多いので時間が経つにつれてさらに利用客は減っていくのではないでしょうか。
そうなれば風俗店を営んでいる方はどんどん首が閉まっていき、終いには閉店、なんてこともあり得る話です。
風俗店の減少や若者離れ、ニーズが無ければ成立しない。厳しい世の中ですね。

そんな中、お値段高めでハイクオリティのお店が存在しているのはご存知でしょうか。

巷では「高級店」とも呼ばれており、「高級デリヘル」「高級ソープ」なんかあるわけです。
この不況の中このジャンルが生き抜くのは大変ではありますが、
「高級」と謳っているだけあって場所は選んで開業しているようなんです。

そこはもちろん都内です。
都内はたくさんの企業がオフィスを構えており、男性サラリーマンが多く働いています。
一口に都内と言っても場所によっては全然雰囲気が違います。

下町の雰囲気が残る浅草や亀有、都内なのに田舎の雰囲気を味わえる八王子、都会の象徴である渋谷、新宿などエリアによって全然違うのです。

高級デリヘルが盛んな地域はもちろん都会を中心としたエリアですが、有名なのが「赤坂」「六本木」「銀座」「渋谷」「新宿」なんです。

名前を聞いただけで敷居が高そうですよね。
普段行くようなところではないですよね。(一般人にとって。笑)
そういった街並みがオシャレだったり、高級感漂う街にしか高級店は開業しないのです。

片田舎に高級デリヘルを開業しても「え?」って感じですよね。
高級デリヘルや高級店はエリア尾厳選しなければいけないんです。

さてはて、では都内ではなく地方で高級店を開くのであればどこが良いのか?

おそらく「名古屋」「大阪」「福岡」の都市ではないでしょうか

それか新幹線の急行が止まる駅…と思ったのですが、
そのエリアに企業が密集していたり人口が多く栄えているエリアが適しているのかもしれませんね。

じゃあ、「名古屋」「大阪」「福岡」「東京」だけが高級店を開けるのか?っというとそうでもないかもしれません。
中には東北エリアや北陸エリアや九州エリアにも高級店は存在します。

ですが「東京」やその他都市が目立っている結果、認識が薄れていっちゃってるんでしょうと考えています。
それか、〇〇〇なら…っていう印象が強いんでしょうかね。

風俗離れが問題視される今、高級デリヘル等の更に高額のサービスは今後長く営業できるんですかね。

ちょっと心配です。

高級デリヘルの在り方

高級デリヘルは普通のデリバリーヘルスに比べると特殊です。

その理由は、極端に料金が高いことが理由になるでしょう。

まず、「激安 デリヘル」の様な店舗ジャンルの場合、
利用者からすると安いにこしたことはないため、損をすることはないです。

ですので、あえて激安店を選ぶという選択肢もアリですので、
激安店からすると、ウェブで激安という絞り込み検索をされても利点しかないのです。

しかし、高級デリヘルの場合は違います。
高級で絞り込み検索をされると、ガクっとユーザーアクセスは減ります。

普通に考えると、2回遊ぶところを我慢して1回にして費用を浮かして、
よりキレイな女性に最高のサービスを受ければ良いのではないかと考えるでしょう。

現実的には消費者心理的な部分をハッとさせるような大きな金額が必要となるので、
月収の何割かがかかるような高額な出費をすることに前向きにはならないのです。

つまり、ウェブ検索からの利用者の獲得に関しては、
一般店の感覚よりも非常に選択されにくく、有名大手店舗であろうと、
月間ユーザーアクセス数は1000にも満たないのです。

このアクセス数がどれだけ平凡以下であるか理解できるでしょうか?
一般にウェブサイトを所有するウェブ方面主体の企業であれば、
どんなに普通の会社でも1000アクセス以上は獲得が出来るものです。

そもそも、どれだけ利用者幅が限定されてしまう業界なのかが理解できるはずです。

しかし、高級店は一回の利用客から得られる利益が膨大です。
そこを加味すると、数百アクセスでもあれば十分に経営が成り立つとも言えますが、
絶対数の少ない利用者数の中から新規客を獲得することに関しては、期待はあまりできないでしょう。

人口の多いスポーツが発展しやすいことはイメージが容易なことと同じように、、
逆に、高級デリヘルでは大きな動きを得ること自体が期待は少ないと考えられるでしょう。

そうなると、正直なところウェブサイトを構えたとしても、
ウェブ検索からのユーザー獲得をするほどの価値や労力については疑問符がつくでしょう。

それなりにポータルサイトに掲載をされ、そこそこ目立っていればお客さんは来ます。
あえて追加で多額の金額をかけて集客をしても、割に合わないと考えられるかもしれません。

利用をしたい人は自然とりようしますし、そもそも裕福な環境で生活をしているでしょう。

高級デリヘルに限っては、お客さんいなくならなければ放おっておいても成立するのではないでしょうか。

高級デリヘルの歴史は長いのか?

今でこそ当たり前になってきましたがインターネットの歴史は短くまだ20年ほどなのです。
以外にもまだ浅い歴史ですが、海外ではもう少し早く完成されていました。

私たちが実際に使い始めてからまだ20年くらいなんです。
おそらくその時は今ほどサイトの件数も少ないですし、情報としても少なかったことでしょう。
その時すでにデリヘル店のサイトや風俗関係のサイトがあったかもしれませんね。エロサイトや出会い系とか。

さてさて話が脱線しましたがインターネットが当たり前になった今、老若男女が知りたい情報がすぐに手に入るようになったのです。
非常に便利な世の中になりました。重たい本を持ちるく、本を開く必要もありませんからね。

そして、インターネットの普及に伴い風俗系サイトも多く設立され今では風俗店にとってインターネットは無くてはならい存在になっています。

さでは、「高級デリヘル」はいつ頃から知れ渡るようになり、サイトで検索されるようになったのか。
高級デリヘルはご存じのとおり造語で、元々あった言葉ではありません。
高級デリヘルが世に知れ渡らせた先駆者がいました。六本木エリアの「マダム麗奈」です。
2002年に「高級デリヘル」を発足させ、今でも運営されている老舗店です。

2002年開店なので、開業14年です。
しかも「高級デリヘル」のパイオニアなんて、もう高級デリヘル界のレジェンドですね。風俗業界では偉大な店舗ではないのでしょうか。

高級デリヘルは日本だけなのか?と思いますが、実はそうでもないのです。

かつてフランスで高級娼館を営んでいた「マダム・クロード」という方が起源だと言われています。
彼女は昨年12月に亡くなってしまいましたが、戦後間もない頃彼女はコールガールで働いていました。
そして働いてる最中、彼女はある事に気が付きました

「人がいつも金を支払う準備をしているものは2つある。食べ物とセックスだ。だけど私は料理が苦手だった」
これは彼女の自叙伝で公開されている有名な言葉だが、クロード氏はこの性に着目し世界の著名人を対象とした秘密の淫売窟を開業した。
価格は当時の金で少なくとも1,000ドル(約11万円)もしたそうです。
著名人を対象としているのでこれだけの額になってるのでしょうが、当時の価値からすると相当高額だったことが伺えます。

この高級娼館で働く女性は美人ぞろいだったと言われています。ですが美人なだけでは務まらなかったようですね。
ベットサービスはもちろん、言葉遣いや教養、接待の席や食事等一般以上の素養が必要だったようです。
現代で言う、大企業に就職する位働く事は難しかったようですね。
一般的な娼婦よりも質は上がりますし、なにより気品があるので公の場に一緒にいたとしてもいい意味で目立つことが出来ます。
お金持ちは娼婦を従えて闊歩することがステータスを表していたのかもしれませんね。
そう考えると戦後からこの「高級風俗」というものが存在していたと考えられます。

さて、話を戻しますが日本でこの「高級デリヘル」のジャンルはいつごろから確立したのかというと、約10年前の2006年頃であることがわかりました。

長いですよね。インターネットが普及して10年後には既に「高級デリヘル」は存在していたのですから。

10年、非常に長いです。

高級デリヘルはこんなにも長い、歴史があるんですねー。
勉強になりました。

店舗のプライド

高級デリヘルは狭い世界です。

通常のデリバリーヘルス店と違い、多くのエリアに存在している訳ではありません。

すると、大衆店とは違い、何千とあるライバル店が100店舗程度に限られてきます。

そうなると、ウェブ検索で「高級デリヘル」と調べた時の結果を非常に重要視するでしょう。

このため、プライドと威信をかけて店舗を目立たせようとする動きが顕著です。

大衆店から高級店にジャンルが絞られてくる分、一番目立つことで日本一有名になることもハードルは低くなるでしょう。

ただでさえ利用者が少ない業界ジャンルの中で、一番を取らなければそもそもお店が成り立たなくなるという考えもあることでしょう。

確かに、大衆店であれば日本で一番目立ったとしてもその利用者を受け切るだけのキャパは発生せず、

ある程度のエリアに特化した結果さえあれば、十分に満足のいく結果でしょう。

しかし、高級デリヘルの業界ジャンルについては、「◯◯ 高級デリヘル」という検索概念がありません。

そこは利用者も選ぶほど選択肢が無いということを事前に理解していての動きなのでしょう。

すると、「高級デリヘル」の単ワードでの順位を上げざるを得ないのです。

ウェブ検索の世界は案外単純であり、一般大衆店が少しでもサイト内に「高級」と含ませてしまえば、ライバルとなることも可能なのです。

ですから「新宿 高級デリヘル」や「渋谷 高級デリヘル」という調べ方自体が需要がないのです。

また、駅等の明確なエリアに店舗が存在していると言うものではなく、以下に質の良い店舗が広い範囲までサービスを展開しているかが十余なのです。

単価が高い分、利用者の要求を店舗側が断らないという逆セオリーがそこにはありそうです。

ですので、一回のビジネスが大きい分、エリアサービス規模は大きくなり、東京都などの全エリアをサービス範囲に入れての営業になります。

だからこそ「高級デリヘル」での順位を取ることが重要なのです。